眼鏡ブランドEYEVANの人気モデル厳選6選!これまでの歴史とアイコンモデルを他ブランドと比較

EYEVAN/アイヴァン
スポンサーリンク

メガネブランドのEYEVANが欲しいい!定番のモデルとか人気のモデルってあるの?知りたい!!

このような方に有益な記事となっております。

〇本記事の内容
  • EYEVANの軌跡
  • オススメの人気モデル
○記事の信頼性
  • メガネオタク
  • 眼鏡業界に携わり10年以上
  • 累計1万人以上の悩みを解消
  • レンズの知識やフレームの知識豊富
  • 眼光学にも精通
  • 様々なブランドを数十本所持
  • 偏った意見なく比較した記事を執筆中

今回はメガネオタクであるわたしが、EYEVANの人気モデルについて解説していきます。EYEVANと言ってもいくつかブランドが存在するわけですが、本記事では本家EYEVANについて解説していきます。

EYEVANって今注目されてるから名前だけはなんとなく知ってる!という方や、EYEVANの事はある程度知ってるという方どちらにも有益な内容になっております。是非ご覧ください!では、早速いきましょう。

  • この記事を書いている私は、メガネ歴20年メガネ業界歴15年以上の眼鏡のプロです。


スポンサーリンク

EYEVANが展開するブランド

人気モデルをご紹介する前に!EYEVANが運営する複数のブランドについて簡単に振り返りましょう。EYEVANが運営するブランドは、主に4つです。

① EYEVAN
② EYEVAN7285
③ 10eyevan
④ eyevol

設立したのもこの順番です。(下の年表に入れています)価格が安価な順に直すとこう。

eyevol
EYEVAN
EYEVAN7285
10eyevan

こんな感じです。本記事では違いについて触れませんが、別記事で詳しくまとめています。Google検索上位記事なので有益な内容になっているかと思います。


EYEVANの歴史とオリバーピープルズとの関係

次にEYEVANというブランドがどのような軌跡を辿って今のような地位を確立したのか年表にしてみました。
見て頂くとわかりますが、EYEVANは一度ブランドを休止しているんですよね。どんな軌跡を辿ったのか以下ご覧ください。

1972年創業
山本防塵眼鏡(現:山本光学)
が設立
1985年海外展開スタート
1989年オリバーピープルズと
ライセンス契約
1998年山本光学から経営分離
2003年EYEVANの展開を一時休止
2013年EYEVAN7285スタート
2017年EYEVAN7285旗艦店を表参道に
オープン
2017年10eyevan・eyevolスタート
2018年オリバーとのライセンス終了
2018年 EYEVAN復活

日本で初めて眼鏡をファッションとして取り入れたブランドがEYEVANです。

この当時のメガネは今と違って「ダサい」象徴。ファッション要素ではなくオタク要素だったわけです。そんな時代の中、ファッションとしてのメガネを確立しようとしたのがEYEVANです。

もちろん他にもそういったブランドがあったでしょうし、おしゃれな方はメガネをファッションにしていたはず。しかし、一般的にはまだまだそういった意識はなかったそうです。

設立背景は、60-70年代に一世を風靡したファッションブランド「VAN JACKET(ヴァンヂャケット)」(以下VAN)の「着る眼鏡」をコンセプトに掲げスタート。今、当時人気だったフレームが数多く復刻されていますが、現在のトレンドと非常にマッチしており人気を博しています。

立ち上げたのは山本防塵眼鏡(現 山本光学)というメーカーで、もともと軍納品の防塵眼鏡や航空眼鏡を主に作製していた会社です。第二次世界大戦時には国指定で軍納品を行っていたようです。

また、スポーツサングラスのSWANS(スワンズ)を立ち上げたのも同社。非常に幅広く、そしてとても長く歴史のある会社から生まれたことがわかります。

VAN jacket(ヴァンヂャケット)とは?

念のためVANについても説明します。理由はこの時代背景やファッションの流れが重要だからです。

VANはアメリカントラディショナルのスタイルを浸透させたブランド。ファッションスタイルは、アイビーリーグに通う学生やOBが着ていた「アイビールック(アイビーファッション)」です。七三分けにボタンダウンシャツ、紺ブレ、コットンパンツ、ローファーのスタイルを日本に浸透させ一世を風靡します。

銀座のみゆき通りに集う「みゆき族」などもこの流れで生まれた言葉です。アイビールックをアメリカで表現するなら、ブルックスブラザーズのようなスタイルですね。

OLIVER PEOPLESとの関係性

眼鏡ツウの方はご存知かと思いますが、オリバーピープルズの眼鏡はEYEVANが2018年まで製造、販売をしていたのを知っていますか?

そうなんです、あの有名なオリバーピープルズをです。すごいですよね。(今はライセンス切れのため行っていません)

元々、EYEVANが1985年アメリカのアナハイムで開催されたオプティフェアウェストに出展したことがきっかけで、オリバーピープルズとの関係がスタートします。公式からも引用します。

オリバーピープルズのモデルの多くは、オプテックジャパン(現:EYEVAN)で製造されてきましたが、アメリカへ進出した際、OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)のラリー・レイトやケニー・シュワルツが惚れ込み、その製造をオプテックジャパンに依頼した

引用元:EYEVAN HP

とあります。85年以降から関係がスタートした節目の年となるわけです。これが「EYEVAN 7285(アイヴァン7285)」のブランドの由来となるわけですね。(72年・85年)

EYEVANブランドの衰退・一時休止

そんな一時代を築いたEYEVANでしたが2003年にはブランドを一時休止します。

これはあくまでわたしの想像ですが、この時代ファッションの移り変わりも目まぐるしい時代でした。トラッドスタイルの衰退によって、新しい層を囲い込めなかったのではないかと予想しています。

40代のファッションやメガネに詳しい知人に聞いてみても、EYEVANは聞いたことがなかったという方が多かったです。70-80年代に青春を迎えている50〜60代くらいの方がむしろ懐かしむブランドなのかもしれません。

EYEVANの復活

そして2018年にEYEVANが復活を遂げます。クラシック回帰の風潮にマッチした事で、劇的な復活を迎えました。


さらに当時とは異なりEYEVAN7285、10eyevan、eyevolといったさまざまな層に刺さるコンセプトと価格帯を引っ提げての復活。当時を超えたEYEVAN。今後はEYEVAN一強時代を迎えるかもしれません。

EYEVANのアイコン的人気モデル6選

最後にEYEVANといえば!というアイコン的な存在の人気モデルをまとめていきたいと思います。全部で6つのモデルになっており、他社で似たモデルと比較しながら魅力を紹介していきます!

EYEVANの人気モデル①「Webb(ウェブ)」

  • 価格:29,700円
  • サイズ:3サイズ
    ①45◻︎22 145 /36mm
    ②47◻︎22 145/37mm
    ③49◻︎22 145/40mm

EYEVANといえば、こちらのWebbです。このフレームの良さは、このビジュアルで29,700円である事。これは買いですね。良く似ていると比べられる3つのブランドのあるモデルと比べていきましょう。


最初は、オリバーピープルズの「SHELDRAKE(シェルドレイク)」。似すぎてて本当に難しいと思います、こちらが33,000円

次はアメリカニューヨーク発のブランドMOSCOT(モスコット)。モデル名はレムトッシュで価格は34,100円

そしてアメリカンビンテージの王(の復刻版)タートオプティカルのアーネルです。アーネルは40,700円です。この4つはよく比較されるんですけど、この中で2万円台は唯一EYEVANのWebbのみ。めちゃくちゃおすすめです。


EYEVANの人気モデル②「E-0505」

  • 価格:36,300円
  • サイズ:2サイズ
    ①45◻︎24 145 /40mm
    ②47◻︎24 145/41mm

初期のモデル。ブランド復活時に復刻したモデルの1つです。
色々なブランドに影響を与えた1本らしいのですが、こういったミックススタイルの元ネタかというとそうではないと思いますので、どこまで影響したのかは調査中です。癖がありますが、ファッション性の高いデザインでかっこいいですよね。

EYEVANの人気モデル③「Sadler(サドラー)」

  • 価格:30,800円
  • サイズ:1サイズ
    45□24 145

フレンチヴィンテージのフレームをイメージしたプラスチックフレームで、フレームフランスのエントリーモデル的なデザインがこちらのサドラーです。形の名前は通称Parisian(パリジャン)

小さめのスクエアに近いウェリントンです。他ブランドで比較するのであれば間違いなく「guepard(ギュパール)」のgp-05というモデルでしょう。


眼鏡ブランドの「guepard(ギュパール)」はフレンチビンテージを扱う2つのショップが共同で始めたブランドなので、ヴィンテージと見間違えるほどのクオリティです。

どちらがクセが少なく今っぽくかけられるかと言えば、EYEVANのSadler(サドラー)に軍配が上がるでしょう。しかしながら、どちらも素敵なフレームです。

EYEVANの人気モデル④「Hank(ハンク)」 

  • 価格:31,900円
  • サイズ:1サイズ
    48□ 22-145

次のモデルは「Hank(ハンク)」です。フランスの次はアメリカンビンテージを強く感じるシリーズ!

サイズは横長に感じるように設定されているので、ビンテージ感強すぎて合わせにくいという事はなく、かけやすい印象。しかし、カラー展開は昔の匂いを感じるブローカラーなど入っているので新旧ミックスされた雰囲気が素敵なフレームです。

形はもはや違いますが、やはりここで比較されるのは既出の「TART OPTICAL(タートオプティカル)」の伝説的モデル「アーネル」でしょう。

もっとコロッとした形なので雰囲気は違いますが、こちらも要チェックブランドである事は間違いありません。


EYEVANの人気モデル⑤「atlas」

  • 価格:34,100円
  • サイズ:2サイズ
    44□ 21-145
    46□ 21-145

シンプルなボストン型で、サイズ展開も2種類あります。しかしながらどちらにしても小さめなので、お顔が小さい人向けですね。

女性にオススメしたいです。βチタンのなかでも最高の強度と優れたバネ性を誇る新素材『AD(Advanced) Titanium』を使用しているので軽く強固。

ブリッジやテンプルの彫金もかっこいいし、シンプルなのに盛り沢山なフレーム。かっこいい。

EYEVANの人気モデル⑥「puerto」

  • 価格:29,700円
  • サイズ:2サイズ
    45□ 22-145
    47□ 22-145

ブリッジ部分(キーホール)やボストン型がクラシックな雰囲気を演出しますが、フレームのフチを細めに作っているので、スッキリ顔馴染み良いメガネで、丸い形が初めてと言う方は47サイズを試してみても良さそうです。

クラシック感を演出したいなら断然45サイズ。玄人にも初心者にもオススメしたい杞憂なフレームです。好き。

まとめ:EYEVANの人気モデルは価格も見た目も◎

以上がEYEVANの人気モデル6つでした!最後にまとめていきます。

EYEVANの人気モデルまとめ
  • 人気モデル①:Webb
  • 人気モデル②:E-0505
  • 人気モデル③:Sadler
  • 人気モデル④:Hank
  • 人気モデル⑤:atlas
  • 人気モデル⑥:puerto

こちら6つのモデルでした。他にもEYEVA7285や人気モデルWebbの記事もございますので、併せてご覧ください!それでは今回は以上です。ありがとうございました。

コメント