金子眼鏡・ダサいと検索した人を安心させる人気の理由7つを解説

Googleで検索すると「金子眼鏡・ダサい」って出てくるけど本当にダサいの? 

このような疑問をお持ちの方に、有益な記事となっております。

 

 

○記事の信頼性
  • 眼鏡業界に携わり10年以上
  • 累計1万人以上の悩みを解消
  • レンズの知識やフレームの知識豊富
  • 眼光学にも精通
  • 様々なブランドを数十本所持
  • 偏った意見なく比較した記事を執筆中

【この記事を書いている私は、メガネ歴20年メガネ業界歴15年以上の眼鏡のプロです。】

今回は金子眼鏡はダサい?という疑問を論破していく記事となっております。

金子眼鏡に興味を持たれ、欲しいな〜と思った矢先、金子眼鏡がダサいのでは?と心配になった方を、安心させる内容となっております。

これを読んだ後は「金子眼鏡がダサいわけないやん。めっちゃかっこいいよ。」と自信を持っていただけます。是非ご覧ください!

 

 

金子眼鏡がダサいだと?わたしを本気にさせたGoogleさん

先に結論、金子眼鏡はダサくない。

ある日金子眼鏡さんについて調べているとこんなGoogleさんからの検索提案がありました。それはこれ。

「金子眼鏡・ダサい」

という事でこちらを完全否定し、このワードを検索した全ての方を安心させるべく筆を取りました。

基本的な説明は不要かもしれませんが、念のためブランドについても触れながらご説明していきます。

金子眼鏡とは!

金子眼鏡は福井県鯖江市で創業したアイウェアメーカーです。職人シリーズという実際の職人さんの名前を冠したメガネが有名。

 

それ以外にもメタルのビジネスシーンに向いている商品やレディース、ファッションブランドとコラボした低価格のメガネなどがあります。

 

1ブランドながら幅広い展開をしていて、今のクラシックブームも後押しとなり、今人気筆頭のブランドです。

 

 

金子眼鏡・ダサいを検索したあなたを安心させる!人気の理由7つを解説

金子眼鏡はすごくおすすめできるカッコいいメガネなんだぞ!ということを、以下の7つの項目です解説していきます。

  • メガネづくりの強いこだわり
  • ファッションブランドとのコラボ
  • デザインのシンプルさ
  • 幅広い客層にあわせた展開
  • 店舗数の多さ
  • 創業年数の長さ
  • 高価格でも選ばれ続ける理由

まずは、ものづくりならではのこだわった製品作りについてです。

 

 

ものづくりへのこだわりがカッコいい

金子眼鏡は、自社一貫生産制でメガネを作っています。どういう事かというと、自分たちの工場を持っていてそこでメガネを作っているという事です。

一般的なメガネの作り方を説明すると、一つのメガネを完成させるのにいくつもの工場を経由してつくる分業生産が当たり前です。←注釈的な感じで括弧に書く

なぜこのような体制になったかというと、鯖江のものづくりの素晴らしさを目の当たりにしたと同時に、人手不足や高齢化、後継者不足など危機に直面していることを感じました。産地の文化を繋ぎたい!という思いから自社工場を立ち上げ、熟練職人にが常駐する事で、クオリティの高いハンドメイド眼鏡が完成。

このように良い商品を作る事だけではなく、眼鏡業界の未来も見据えた自社工場の設立はブランドのものづくりに対する強いこだわりを感じます。カッコ良すぎます。

 

 

ファッションブランドとのコラボ

金子眼鏡は多くのファッションブランドとコラボを行っています。

  • ISSEY MIYAKE|イッセイミヤケ
  • URBEN RESERCH|アーバンリサーチ
  • UNITED ARROWS|アローズ
  • stussy|ステューシー
  • SOPH|ソフ

ざっと上げてもこれだけの有名アパレルブランドとコラボを行っています。

ダサいブランドがここまでの有名ファッションブランドとコラボできますか?

いいえ、できません!

 

 

デザインのシンプルさと、幅広い客層にあわせた展開

金子眼鏡(かねこがんきょう)のメガネはブランドロゴの押し出しがなく、とてもシンプルなデザインです。

メガネもそうですが、服でも靴でもシンプルなものはたくさんあります。シンプルな作りって聞こえは良いんですけど、他社ブランドと違いを出すのが結構難しいんですよね。

商品の質が良くないと勝負できないわけです。金子眼鏡は、シンプルなのに高級感がありますし、職人シリーズなどの無骨な作りからSPIVVYのようなメタルのビジネス向きなメガネまで、1つのブランドにも関わらず幅広いファンを獲得していて、ブランドの対応力の高さを感じます。

シンプルで高品質、そして幅広いデザインの展開を行っているのが金子眼鏡の特徴なんです。

店舗数の多さ

金子眼鏡はもともと卸を行っていましたが、今は直営店での展開に切り替えており、全国に約60店舗あります。

しかもショッピングモールなどにも入っているので、旅行先や転勤になっても安心して使えるんですよね。この店舗数の多さは、メガネユーザーにとってブランド選びのポイントになりますし、メーカーの方が詳しい知識のもと接客をしてくれるので最高ですよ。

 

  

創業年数が長い

こんな古いのに第一線でダサいわけないやろ。他ブランドの創業した年代と比較していきます。

  • ・金子眼鏡 1958年
  • アイヴァン 1972年
  • 白山眼鏡 1975年
  • フォーナインズ 1995年
  • イエローズプラス 2001年
  • BJ classic 2004年
  • TOM FORD  2005年
  • ayame 2009年
  • kearny 2013年

金子眼鏡が圧倒的に長く運営してるんですね。新旧入れわかりが激しいメガネ業界で、ここまで長く運営して人気を勝ち取っているブランドがダサいわけないですよね。

 

 

高価格でも選ばれ続ける理由

金子眼鏡の価格は3万円〜5万円がボリュームゾーンです。

メガネ業界は、2000年前半から低価格帯のメガネブランドの参入で、一気に安価なものになりました。5,000円で眼鏡が作れる時代が来るとは。

そんな状況から約20年たちましたが、これだけ高い値段でも選ばれ続けているんですよね。

やはり値段は高いですが、品質の良さを感じる作りとクラシックな雰囲気がファンを獲得しているのだなと感じます。

まとめ:金子眼鏡はかっこいい!

いかがでしたか?カッコよくないですか?

ひいきせずとも、いま間違いなく人気のブランドです。歴史あるブランドのメガネを一本持っておくのも良いのではないでしょうか?

ほかにも金子眼鏡の記事をまとめていますので、是非ご覧下さい。今回は、こちらで以上です。

コメント