【2021年最新版】フォーナインズの眼鏡が壊れた!修理できる?期間と価格まとめ

眼鏡
眼鏡が壊れちゃった人
眼鏡が壊れちゃった人

フォーナインズの眼鏡が壊れちゃった…

修理はできる?無料?有料?期間と価格もどのくらいかかるのか知りたいよ。

本記事ではこんなお悩みを解決していきます。

本記事の内容
・999.9(フォーナインズ)の眼鏡が壊れたらどうすれば良い?
・修理の価格は?
・どのくらいの期間かかる?
・直営店以外でもできるの?

 

本記事の信頼性
  • 眼鏡業界に携わり10年以上
  • 累計1万人以上の悩みを解消
  • レンズの知識やフレームの知識豊富
  • 眼光学にも精通
  • 様々なブランドを数十本所持
  • 偏った意見なく比較した記事を書いています。

 

これを見ている方はおそらく眼鏡が壊れそう、もしくは壊れてしまった方ではないかと思います。


眼鏡はもちろんこちらの都合は関係なく、急に折れてしまいます。ブランドによってはすぐ対応できなくなる場合も多いです。今回はそんな眼鏡の修理【フォーナインズ編】についてフォーカスしていきます。


フォーナインズの場合はどうなのか。結論からお伝えすると、修理が可能です。実際わたしも駅で落としてしまい、ぺっちゃんこにされて戻ってきた事がありました。それはもうかなり平らになりました。


ですが、10分ほどで直して頂きました。


私の場合は簡単に直していただけましたが、曲がり方や折れ方によって期間も価格も異なります。パターン別でわけてご説明します。重要なのは【こわれた箇所・こわれた眼鏡の素材】です。

尚、本記事は直営店5か所で実際に修理についてリサーチした内容と電話で問い合わせた内容を総合的に記事にしています。期間や価格が変動する場合もありますので、ご了承ください。


では、早速ご紹介していきます。

慌てずチェックすべき項目

大切な眼鏡が壊れてつらいと思いますが、慌てずチェック項目を見ていきましょう。

  • 壊れた眼鏡の素材
    プラスチック or メタル
  • 壊れたパーツは?
    ヒンジ・ツル(テンプル)・フロント・鼻パット(クリングス)
  • メガネの状態は?
    曲がった
    折れた
    亀裂が入った
  • そもそも壊れていない?

ここからチェックしていくことが重要です。なぜなら素材×壊れた箇所×破損状況によって直せる直せないの判断が分かれるからです。

眼鏡にはそれぞれ名称があります。簡単な説明だけさせて頂きますね。

メガネのパーツ名称を振り返る

ツル?クリングス?ヒンジ?何言ってるかわかりません…

そんなあなたに向けて簡単なメガネのパーツ名称を振り返っていきます。





詳しく知りたい!という方は、別記事でまとめていますので、そちらを参照してください。
》これ知らない?メガネのパーツ別名称まとめ【画像12枚で解説】

まずは基本となるこの4つのパーツの名称からご説明していきます。

パーツの名前4項目
  • ヒンジ
  • ブリッジ
  • テンプル(ツル)
  • クリングス

パーツ名称:ヒンジ

まずはヒンジからです。ヒンジとは①耳にかけるツル(テンプル)と②レンズの入っているフロントをネジで止めている箇所の事を言います。


フォーナインズではよく用いられる「逆Rヒンジ」。クルンとまるい部分です。他にも蛇腹(じゃばら)の形状もありますし、何もついていない場合もあります。下の画像もご覧いただけるとわかりやすいです。

引用元:フォーナインズHPコンセプトより



パーツ名称:ブリッジ

次はブリッジについてです。ブリッジはレンズとレンズの間にある鼻の部分を言います。劣化してくるとここから真っ二つに折れるケースがあります。

パーツ名称:テンプル

テンプルパーツの説明画像

次はテンプルというパーツです。ツルと呼ぶ場合もあります。耳にかける部分をこのように呼びます。テンプルにはいくつかの形状がありますが、これがベーシックなモデルです。


金属のテンプルにモダンというプラスチックがかぶせてあるモデルもあります。



こんな感じのですね。金属部分をテンプル・プラスチック部分をモダンと言います。それぞれで修理方法・価格が大きく異なります。ご自身のメガネがどちらか確認しながらご覧下さい。

パーツ名称:クリングス

最後にクリングスというパーツについて。金属のフレームには基本的についているパーツです。プラスチックのフレームでもついている場合があります。長年使用していると曲がったり、折れたりしますね。


ちなみにプラスチックで固定式のタイプもありますよね?

こんな感じのタイプです。こういったフレームの鼻元は鼻パッドと呼び方が変化します。クリングスと鼻パッド混同しないようにしましょう。

壊れた眼鏡の種類はプラスチックorメタル?

まずはあなたの眼鏡がどんな素材なのかチェックしていきましょう。大きく分けてプラスチックとメタルフレームごとに項目を作ってご説明していきます。


プラスチックとメタルでは直し方や価格設定も違いますのでご覧ください。

プラスチックフレームをご使用の場合

念のため、プラスチックフレームは上のような画像のものです。次はプラスチックのどこが壊れたのか、パーツごとにご説明いたします。

パーツは以下4つです。

  • ヒンジ
  • ブリッジ
  • テンプル
  • 鼻パット

 

ヒンジが破損した場合

破損と言っても曲がっただけなのか、亀裂なのか、完全に折れてしまったのかでも修理方法は違います。

  • 曲がっただけ→曲がり具合によりますが直ります。画像くらいなら問題ないのでそのまま持って行った方が良いです。
  • 亀裂・折れた→パーツの交換。

ヒンジが亀裂・折れた場合は折れたものを溶接・接着しなおすことはできず、修理不可に。物理的にはできるようですが、メーカーの立場上受けられないそうです。

〇修理の方法や価格
  • 修理方法:パーツ交換
  • 価格:有料でフレーム代の半分~6割
  • 納期:1週間


ヒンジ破損でも無料?

ヒンジが破損しても無料の場合があります。それは私のようにまげてしまっただけの場合と、ネジが取れてしまっただけの場合です。


有料と無料の基準は、メガネのパーツを変えたのか変えていないのか。(ネジなどの消耗品は含まれないそうです)ツルが取れてしまった場合はネジの取り付けだけなので料金はかからず無料。アフターサービスの手厚さもフォーナインズの特徴だと思います。

ブリッジが破損した場合

ブリッジ部分の破損は、主に亀裂が入るか折れるかどちらかの場合が多いそうです。

  • 修理方法:パーツ交換
  • 価格:有料でフレーム代の半分~6割
  • 納期:1週間
  • 補足:ヒビが少しでもあればパーツ交換をした方が良いです

 

テンプルが破損した場合

眼鏡のテンプル部分の参考画像


テンプルが折れたり、ヒビが入ったりした場合は、形状により大きく価格が異なります。まずは上のような画像の形状についてです。

①金属の箇所が折れたパターン

②プラスチック部分が破損したパターン


この2つについて解説していきます。ここは長年汗が付着する箇所なので消耗が早いんですよね。

①金属部分が破損した場合
  • 修理方法:パーツ交換
  • 価格:有料。片方でフレーム代の約25パーセント
  • 納期:5~7日
  • 補足:メーカーがやっていればすぐ出してくれるのでもっと短い場合もあります。
②プラスチック部分が破損した場合
  • 修理方法:パーツ交換
  • 価格:有料。1,100円
  • 納期:5~7日
  • 補足:メーカーがやっていればすぐ出してくれるのでもっと短い場合もあります。

 次は下記画像のようなプラスチックだけのテンプルの方です。こちらの方がシンプルです。

②プラスチック部分が破損した場合
  • 修理方法:パーツ交換
  • 価格:有料。片方のテンプルでフレーム代の約25パーセント
  • 納期:5~7日
  • 補足:メーカーがやっていればすぐ出してくれるのでもっと短い場合もあります。

 

劣化して白くなっただけの場合

折れたり、亀裂が入ったわけではなく、劣化してしまって交換したい!という方向けです。5、6年使用するとプラスチックフレームが画像のように劣化してきます。この修理内容は以下になります。詳しく記事にしていますので、もっと詳しく知りたい方はそちらもご覧ください。
》フォーナインズのフレーム磨き修理はオススメ?意外なデメリットも!

劣化しただけの場合
  • 修理方法:研磨の修理
  • 価格:有料。3,300円
  • 納期:3~4週間
  • 補足:デメリットもある

鼻パット(クリングス)が破損した場合

鼻パットはプラスチックの場合2タイプに分かれます。

①固定式
②クリングス


のどちらかです。

①固定式鼻パッド
  • 修理方法:取付しなおし
  • 価格:有料。2,200~3,300円
  • 納期:3~4週間
  • 補足:これも劣化してるだけなら磨ける
②クリングス
  • 修理方法:パーツ交換
  • 価格:有料。約5,000~9,000円の間
  • 納期:1週間

 

メタルフレームをご使用の場合

同じようにメタルのフレームを使用している場合の修理内容をまとめていきます。ほとんど重複しますが、鼻パットの項目は異なりますのでそちらもご覧ください。

ヒンジが破損した場合

プラスチックと同じ修理方法です。

〇ヒンジ破損の場合
  • 修理方法:パーツ交換
  • 価格:有料。フレーム価格の半分~6割
  • 納期:1週間
  • 補足:曲がっただけなら無料

 

テンプルが破損した場合

こちらもおなじような修理内容です。

 

①金属部分が破損した場合
  • 修理方法:パーツ交換
  • 価格:有料。片方でフレーム代の約25パーセント
  • 納期:5~7日
  • 補足:メーカーがやっていればすぐ出してくれるのでもっと短い場合もあります。
②プラスチック部分が破損した場合
  • 修理方法:パーツ交換
  • 価格:有料。1,100円
  • 納期:5~7日
  • 補足:メーカーがやっていればすぐ出してくれるのでもっと短い場合もあります。


ブリッジが破損した場合

  • 修理方法:パーツ交換
  • 価格:有料でフレーム代の半分~6割
  • 納期:1週間
  • 補足:ヒビが少しでもあればパーツ交換をした方が良いです


 

鼻パット(クリングス)が破損した場合

折れてしまった場合、プラスチックとは違い2通りの直し方があります。それはパーツをくっつけ直す方法です。以下まとめましたのでご覧ください。

②クリングス
  • 修理方法:パーツ交換
  • 価格:有料。約5,000~9,000円の間
  • 納期:1週間
     
  • 修理方法:折れた箇所をくっつけ直す
  • 価格:5,000~7,000円
  • 納期:約2か月

 

白くなったプラスチックを綺麗に戻す方法(磨き)

先程テンプル破損のところでも少し触れていますが、眼鏡は折れる以外にも劣化してしまった場合、修理をすることが可能です。最後にフォーナインズで行っている白くなったプラスチックを綺麗に戻す、磨きのリペアサービスをご紹介いたします。

みがきについて
  • 修理方法:研磨の修理
  • 価格:有料。3,300円
  • 納期:3~4週間

 

ちなみにメタルにも塗装のかけ直しがあるようです。
価格5,000円~10,000円ほど
期間は2か月で行えるとのことです。

こちらの内容を掘り下げている記事がこちらです。

》フォーナインズのフレーム磨き修理はオススメ?意外なデメリットも!

まとめ:フォーナインズの眼鏡は修理可能

最後に本記事のおさらいをして終わりにします。

  • フォーナインズの眼鏡は修理可能
  • 曲がった場合なら無料・その日に直せる可能性あり
  • 折れた箇所によって価格は違う
  • 白く劣化してもリペア可能

もしメガネが壊れてしまった場合は、焦ってしまうと思いますがこちらの記事を参考にして頂ければ嬉しいです。今回はこちらで以上です!

コメント