【2021年最新版】フォーナインズの眼鏡が壊れた!修理できる?期間と価格まとめ

眼鏡
渡辺
眼鏡が壊れちゃったた人
フォーナインズの眼鏡が壊れたんだけど修理できる?期間と価格はどのくらいかかるの?
 

本記事ではこんな悩みを解決していきます。

 

本記事の内容

・999.9(フォーナインズ)の眼鏡が壊れたらどうすれば良い?
・修理の価格は?
・どのくらいの期間かかる?
・直営店以外でもできるの?

 

本記事の信頼性

わたしは10年以上メガネ業界に携わり1万人以上の悩みを解消してきました。
その中で様々なブランドに携わってきました。999.9(フォーナインズ)にも大変お世話になっています。

そんな業界関係者からみた、999.9(フォーナインズ)の修理について、それぞれの予算をご紹介していきます。

 

これを見ている方はおそらく眼鏡が壊れそう、もしくは壊れてしまった方ではないかと思います。

 

眼鏡はもちろんこちらの都合は関係なく、急に折れます。ブランドによってはすぐ対応できなくなる場合も多いです。今回はそんな眼鏡の修理【フォーナインズ編】についてフォーカスしていきます。

 

フォーナインズの場合はどうなのか。結論からお伝えすると、修理が可能です。実際わたしも駅で落としてしまい、ぺっちゃんこにされて戻ってきた事がありました。それはもうかなり平らになりました。

 

ですが、10分ほどで直して頂きました。

 

私の場合は簡単に直していただけましたが、曲がり方・折れ方によって期間も価格も異なります。

パターン別でわけています。では、早速ご紹介していきます。

※フォーナインズの眼鏡の修理の記事となります。

 

重要なのは【こわれた箇所・こわれた眼鏡の素材】

慌てずチェックすべき項目

大切な眼鏡が壊れてつらいと思いますが、慌てずチェック項目を見ていきましょう。

壊れた眼鏡の素材 プラスチック or メタル

壊れた箇所 ヒンジorテンプルorフロントorクリングス etc

曲がったor折れたor亀裂が入った etc

ここからチェックしていくことが重要です。

なぜなら素材×壊れた箇所×破損状況によって直せる直せないの判断が分かれるからです。

  

眼鏡にはそれぞれ名称があります。ヒンジ?どこですかそこ?という方もいると思います。この後は、パーツの説明は入らず名称のみ出てきますので、パーツの名称でわからない場合はこちらの記事も参照してみて下さい。

 

壊れた眼鏡の種類はプラスチックorメタル?

まずはあなたの眼鏡がどんな素材なのかチェックしていきましょう。プラスチックとメタルフレームごとに項目を作ってご説明していきます。

プラスチックとメタルでは直し方や価格設定も違います。

プラスチックフレームの場合

念のため、プラスチックフレームは上のような画像のものです。

ここで、壊れた箇所はどこかをみていきます。

 

ヒンジ

逆Rパーツというヒンジやそれ以外のどんなパーツであっても折れたものを溶接や接着はできません。
物理的にはできますが、メーカーの立場上受けられないそうです。

修理方法

パーツの交換が可能

プラスチックの場合ヒンジが折れるとフロントパーツを交換。価格はフレームの半分~6割ほどの価格

納期は1週間ほど

曲がっただけならその日中に無料で直せます。

 

ブリッジ

プラスチックの鼻のところから真っ二つになった場合です。

修理方法

パーツ交換が可能

ヒンジ折れと同じでフロントパーツを交換。価格はフレームの半分~6割ほどの価格

納期は1週間ほど

ヒビが少しでもあればパーツを交換した方が良いです。

 

テンプル

眼鏡のテンプル部分の参考画像


テンプルが折れたり、ヒビが入ったりした場合は、形状により大きく価格が異なります。

まずはモダンという、金属のテンプルに半分ほどプラスチックが被っている箇所が破損した場合です。

修理方法

✔ これだけ割れている場合は1,000円+TAXで交換可能

納期は1週間以内。

*メーカーに頼むとすぐに送ってくれるものなのでもっと早い場合もあります。

 

次に①金属部分が折れている

②(画像のようなモダンタイプではないテンプルで)プラスチック部分の割れを直したい

修理方法

この2つに当てはまる方は、フレームの1/4ほどの価格がかかります。

両方とも劣化していて交換したい場合はフレーム価格のの半分ほどかかります。

両方とも劣化していて交換したい場合はフレーム価格のの半分ほどかかります。

納期は1週間以内。

 

鼻パット

鼻パットはプラスチックの場合2タイプに分かれます。

①固定式か②可動式です。

修理方法

固定式の方

納期4週間ほど

価格は2,000円~3,000円

 

可動式の方

納期1週間ほど

価格は5,000~8,000円

メタルフレームの場合

ヒンジ

プラスチックと同じ修理方法です。

修理方法

パーツの交換が可能

ヒンジの破損はフロントパーツを交換。

価格はフレームの半分~6割ほどの価格

納期は1週間ほど

曲がっただけならその日中に無料で直せます。

 

テンプル

修理方法

テンプルが破損の場合、価格はフレームの約1/4

納期は1週間ほど

モダンの部分が折れた・劣化した方は1000円 +TAX

 

ブリッジ

こちらも基本はプラスチックと同じです。

修理方法

パーツ交換が可能

フロントパーツを交換

価格はフレームの半分~6割ほどの価格

納期は1週間ほど

ヒビが少しでもあればパーツを交換した方が良いです。

曲がっただけなら無料でその日中に直せます。しかし、折れてしまえばパーツ交換可能。

 

鼻パット

折れてしまった場合、2通りの直し方があります。

修理方法

①パーツの交換をする

価格はフレーム価格の半分ほど

納期は1週間前後

 

② 新品に交換するのではなく、そのままフレームを修理する

価格は 5,000円~10,000円以内

期間は2か月くらい

 

白くなったプラスチックを綺麗に戻す方法(磨き)

眼鏡は折れる以外にも劣化してしまった場合、修理を検討されると思います。

フォーナインズで行っている磨きのリペアのサービスをご紹介していきます。

修理方法

プラスチックを磨く修理ができます。

納期は1か月ほど

価格3,000~5,000+TAX

 

ちなみにメタルには塗装のかけ直しができるようです。
価格5,000円~10,000円ほど
期間は2か月で行えるとのことです。

 

まとめ:フォーナインズの眼鏡は修理可能

最後に本記事のおさらいをして終わりにします。

フォーナインズの眼鏡は修理可能

大小異なれど曲がった場合なら無料でその日に直せる可能性あり

折れた箇所によって価格は違う

劣化もリペア可能

もしメガネが壊れてしまった場合は、焦ってしまうと思いますがこちらの記事を参考にして下さいね。

コメント